日本呼吸器外科学会雑誌原著論文のGTCSにおける二次出版の推奨について

 International Committee of Medical Journal Editorsはガイドラインを作成し、これに従った上でのsecondary publicationを容認しています。このガイドラインはホームページ(http://www.icmje.org/ )のUniform Requirements for Manuscript Submitted to Biomedical Journals: Writing and Editing for Biomedical Publication (III.D.3 Acceptable Secondary Publication)で閲覧することができます。日本呼吸器外科学会編集委員会におきましては、特に優秀な原著論文について、General Thoracic and Cardiovascular Surgery (GTCS)に、secondary publication(英文)としての投稿を推奨することにしました。?これまで日本胸部外科学会のofficial journalであったGTCSは、平成25年6月より本学会のofficial journalとしても認められました。GTCSはSpringerと契約している世界の約5000の図書館、各種機関で閲覧することができます。?日本胸部外科学会 会誌編集委員会が示しているsecondary publicationの実施要項を示します。

 

Secondary publication実施要項

1.
日本語ですでに掲載されている論文、または採択された論文を英文化してGeneral Thoracic and Cardiovascular Surgeryへ再投稿する場合、Authorsは著作権を持つ雑誌の編集委員会から取得した許可書、リプリント(または日本語原稿)、英文原稿を当会誌編集委員会へ送付する。
2.
当会誌編集委員会は日本語で掲載された優秀論文に対して、著作権を持つ雑誌の編集委員会の許可を得た上で、著者に英文化を依頼することができる。
3.
ただし、secondary publicationの許可は無料でなければならない。
4.
当会誌編集委員会は提出されたリプリントまたは日本語原稿をもとに、英文原稿がsecondary publicationの条件(以下の5,6,7)を満たしていることを確認しなければならない。
5.
英文化された論文は異なったグループの読者を意図したものでなければならない。
6.
英文化された論文は日本語論文のデータ並びに解釈を忠実に反映していなければならない。
7.
英文化された論文のtitleは日本語論文のsecondary publicationであることがわかるものでなければならない(complete republication, abridged republication, complete translation, or abridged translation)。
8.
英文化された論文は当会誌編集委員会から依頼された査読者により査読を受けなければならない。
9.
日本語論文掲載雑誌の著作権を尊重するために、General Thoracic and Cardiovascular Surgeryへの掲載は日本語論文の掲載から1週間以後でなければならない。
10.
 英文化された論文のtitle pageのfootnoteに、既に掲載された日本語論文の英文化であることを記載しなければならない。たとえば、This article is based on a study first reported in the (title of journal, with full reference) というfootnoteを掲載する。
11.
 日本語論文がすでにMEDLINEに索引化されている場合、National Library of Medicineは英文化されたsecondary publicationについては引用や索引化をしないことを著者は知っておく必要がある。
12.
 日本胸部外科学会に関係した論文業績(専門医取得条件など)としては、日本語論文と英語論文のうちどちらか一方を採用し、2編とはカウントしない。
 General Thoracic and Cardiovascular Surgeryの原稿受付は2007年10月1日よりオンラインとなりました。secondary publicationの許可書、リプリント(または日本語原稿)は、下記1または2の方法でGeneral Thoracic and Cardiovascular Surgery編集部(Springer Japan)へお送りください。
1.
オンラインで投稿する時は、カバーレターにsecondary publicationであることを明記し、許可書とリプリント(または日本語原稿)をPDFファイルでアップロードする。

郵送する場合は、Journal名、論文タイトル、secondary publicationであることを明記したカバーレターとともに許可書とリプリント(または日本語原稿)を郵便で編集部へ送る。

 

(日本胸部外科学会ホームページよりhttp://www.jpats.org/modules/journal/index.php?content_id=3 )

掲載 2013年10月25日