呼吸器外科胸腔鏡セミナー、胸腔鏡手術地域セミナー改定のお知らせ

呼吸器外科専門医制度施行細則
第 1 章(専門医の申請) 第 1 条(専門医新規申請)
6.初回申請に必要な業績と研修実績一覧表 〔様式4〕
変更前
(5) 胸腔鏡セミナー参加:日本呼吸器外科学会の認める全国あるいは地方開催の当該セミナーないし講習会に2回以上参加していること

変更後
(5) 胸腔鏡セミナー参加:呼吸器外科胸腔鏡教育セミナーに1回以上参加していること 但し,平成28年8月までに日本呼吸器外科学会の認める全国あるいは地方開催の当該セミナーないし講習会に2回以上参加している場合はこれと同等とする

腔鏡下肺切除が日常臨床に定着した現状を踏まえ、専門医申請に必要であった胸腔鏡セミナー受講をより実践的にするために、これまで行ってきた呼吸器外科胸腔鏡セミナーは2014年8月24日をもって終了し、2014年8月25日以降は、呼吸器外科胸腔鏡セミナーに安全講習を盛り込み充実した内容となる呼吸器外科胸腔鏡教育セミナーを開催することに変更します。この呼吸器外科胸腔鏡教育セミナーは1回の受講で呼吸器外科専門医新規申請時の胸腔鏡セミナーの業績として認められます。
なお、胸腔鏡手術地域セミナーについては2016年8月24日まで実施といたします。

これに伴い、 呼吸器外科専門医申請に必要な胸腔鏡セミナー受講実績としては、以下の4つが有効です。
1 呼吸器外科胸腔鏡教育セミナー:1回
2 胸腔鏡手術地域セミナー   : 2回
3 呼吸器外科胸腔鏡セミナー  :2回
4 上記の2と3それぞれ1回 計2回

但し、呼吸器外科胸腔鏡セミナーは2014年8月24日で終了、胸腔鏡手術地域セミナーは2016年8月24日で終了となりますので、2,3,4で申請を計画されていた会員は、学会HPに掲載されるセミナー開催の記事をお見落としなく、お早めに受講してください。
なお、受講証はセミナー終了後も申請資格として有効です。

  • 呼吸器外科胸腔鏡教育セミナーのお申込みは2014年7月10日~8月31日となります。詳細については「呼吸器外科胸腔鏡教育セミナー開催について」をご参照ください。
  • ※セミナーの受講証は再発行いたしませんので大切に保管ください。

呼吸器外科胸腔鏡教育セミナー開催について

呼吸器外科専門医合同委員会
委員長 千原 幸司
日本呼吸器外科学会 手術教育部会
部会長 岡田 守人

掲載 2014年6月14日