JACSフェローシップ アジア病院見学候補者募集

日本呼吸器外科学会理事長 千田 雅之
国際委員会委員長 長谷川 誠紀

世界の呼吸器外科領域のうち、特にアジアは劇的な変化を遂げています。北米ではロボット支援手術(RATS)が主流ですが、アジア欧州では単孔式VATSが主流となっています。将来的には単孔式ロボットが出現し呼吸器外科手術は大きく変化するかもしれません。日本呼吸器外科学会としてはこの大きな変化の目撃者となり新しい技術を本邦に取り入れる若手呼吸器外科医を応援したいと考えています。

第1回講習・見学期間:7月9日(月)~13日(金)の5日間
第1回応募締切:6月11日(月)午後3時締めきり

募集要項    申請書

掲載:2018年6月4日